第二回課題

おはようございます。2回目の課題です。 「血液・血管」についてです。 が、今後の課題をやっていくうえでの条件があります。内臓の本と臨床がリンクするノートを作って課題を下さい。 以前にアップした解剖のビデオも参考にしてみてください。

臨床の現場で役立つ情報を入れてください。ネットからのコピペでもごまかしで 済んでしまいますが、治療に役立つ情報、患者さんの説明に役立つことなどを、今後も書き足していけるような感じが良いとおもいます。 ワープロでなくて手書きでもOKです。手書きのばあいは、写メや、ファックスで送ってください。 たとえば、 内臓の本の128ページとリンクさせて、 顆粒白血球:働き過ぎやストレスで交感神経が優位な状態が続くと白血球が過剰となり自らの細胞を傷つけ胃潰瘍やガンなどの病気になりやすい。 リンパ球:運動不足などで副交感神経が優位になると、リンパ球が過剰になりアレルギーを起こしやすくなる。 など、血液と自律神経の結びつきができます。 その他に、 赤血球と脾臓との関係など。

内臓の本とリンクした、臨床用の機能解剖サブノートを作ってください。 自分のためのノート作りです。 「神手への道」、頑張ってください。


RECENT POST