(18.07.24)

今週の課題は、「精神(こころ)と病気」についてです。精神(感情)がなぜ身体症状(病気)と結びつくのか、なぜ精神の治療が重要なのか、どのようなメカニズムが考えられるか、などなどを様々自分なりに考察してください。初級の方は、以前の課題のストレス反応や陰陽五行論などから考えてみてください。よろしくお願いいたします。

(18.07.17)

今週の課題は「陰陽五行」についてです。陰陽五行に対応する臓腑と感情(五志)について勉強してください。

(18.07.03)

今週の課題は「大脳辺縁系」です。ストレス反応と合わせて勉強してください。

​提出はありませんので、次回のセミナー時にお願いします。

(18.06.26)

​今週の課題は、「脳動脈」です。心臓からの動脈血の流れも勉強しておいてください。

(18.06.19)

​今週の課題は、「後頭葉」です。よろしくお願いいたします。

(18.06.05)

​今週の課題は「ストレス反応」についてです。提出はありません、来週の専科でお願いします。

(18.05.29)

今週の課題は、「側頭葉」です。

​同様にお願いします。

(18.05.22)

今週の課題は、「頭頂葉」です。体性感覚野、体性感覚連合野、縁上回、角回なども見てみてください。

(18.05.15)

今週の課題は「前頭葉」です。

機能などを勉強してください。

また、「~野」と名前のついている範囲があります。

それが、どのような働きで、解剖的にどのあたりにあるのか。また、クラニアルを触ったときに頭のどのあたりなのかもイメージをつけてください。一次運動野は、頭部が下、足部が上になってますから、そのあたりも見ておいてください。テストするかもしれません。

(18.04.24)

​今週の課題は、「小脳」です。脳にある神経細胞の大部分は小脳にあると言われます。目に見える宇宙、目に見えない量子的な宇宙空間を認知をして個人の世界を作り上げ、無意識を支配しているのは小脳ともいわれています。大脳、小脳を対比させると、大脳は陽、小脳は陰、または大脳は水平軸、小脳は垂直軸になります。

(18.04.17))

​今週の課題は、「左脳、右脳」です。ネットで見るだけでも多くの記事がありますし、何か本を読んでみたらいかがでしょうか。新しい発見があることと思います。

(18.04.03)

今週の課題は「自律神経」「相互張力膜」「頭蓋の診方」「SBSの重要性」です。

​提出はありませんので、今度の専科でお願いします。

(18.03.27))

​今週の課題は、「子宮前立腺」です。

 

(18.03.20)

​今週の課題は「肺・気管支」です。

(18.03.06)

今週の課題は「免疫」です。

提出はありませんので、来週の専科にてお願いいたします。

(18.02.27)

​今週の課題は、「胃・食道」です。

(18.02.20)

今週の課題は、「十二指腸」です。

繰り返しになりますが、3月14日の専科の昼の課題は「免疫」です。​細かいところではなく免疫システムの全体像をつかんできてください。

(18.02.06)

今週の課題は「血球」についてです。以前に血液血管の課題は行いましたので、血液の細胞成分についてお願いします。

余裕があれば千島学説も参考に勉強してみてください。

​提出はありません。来週の専科にてお願いします。

(18.01.30)

​今週の課題は「小腸」です

(18.01.23)

​今週の課題は「盲腸」です。

(18.01.16)

今週の課題は「回盲」です。

(17.12.25)

​メリークリスマス!

今年最後の課題は、「ミトコンドリア」です。

提出はありません。1月10日の専科の時に、発表していただきます。

次の専科まで他の課題はありませんので、勉強してきてください。

では、今年もお世話になりました。

よいお年をお迎えください。

(17.12.18)

今週の課題は、「副腎」です。

来週火曜日締め切りです。

(17.12.14)

昨日の昼の課題を、自分の割り当てのパートのところを、院内通信風に仕上げて、ラインのノートにアップしてください。

31日締め切りです。

(17.12.02)

ちょっと早いですが、来週の課題は、ホルモンです。テストは、資料ファイルにあるホルモンのまとめ表から出題する(かも)しれませんので、勉強しておいてください。提出はありませんが、再来週の専科のセミナーで、昼休みに発表、あるいは、ディスカッションでまとめたものを、グループごとに提出してもらうかもしれません。

各人で、テーマを決めましたので、そちらの勉強してきてください

一人2分で、発表してもらう予定です。発表では「ネガティブフィードバック」の言葉も入れてください。
担当は以下の通りです(敬称略)。

1)生理、妊娠、生殖器官と性腺ホルモンについて。
小西、内藤、根井
2)ストレスと血糖と膵臓ホルモンについて
中村、宮田、塚田
3)ストレスと、視床下部、下垂体、副腎ホルモンについて
伊藤、新、岡田、馬場
4)アレルギーと、副腎ホルモンについて
山本、三宅、
5)自律神経と副腎について
平澤、江口、黒瀬
6)甲状腺、副甲状腺ホルモンと、代謝について
川畑、石川、田中
7)睡眠と、松果体、視床下部、下垂体について
坂梨、加藤、山下
8)成長ホルモンと、睡眠について
上原、森澤、和田

9)脳内ホルモン(ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリン、オキシトシン)と感情について
鹿久保、鬼頭

(17.11.28)

​今週の課題は「脾臓ひぞう」です。

(17.11.21)

​今週の課題は、「膵臓」です

(17.11.14)

​今週の課題は「胆嚢」です。

(17.11.07)

今週の課題は「心臓」です。

​前と同じく参考資料を上げました。

(17.10.24)

今度の専科は11月1日です。よろしくお願いいたします。
昼休みの課題は、「大腰筋手技の効果について」になります。

昼のテストは、「肝臓プレスの効果はどのようなものがあるか」です。箇条書きで、数十個は出してもらいますので、最低でも50個ほどの、肝プレで得られる効果を考えて来ておいてください。
よろしくお願いします。

(17.10.23)

こんにちは。

今週の課題は、「肝臓」です。来週火曜日提出です。
ホームページに、参考資料を上げました。
https://www.pikaq.co/blank-7

「資料」 → 「資料ファイル」ページのパスワードは
fukunuki
PDFのパスワードは
kanzou
です。
よろしくお願い致します。


 

(17.10.17)​

今週の課題は、「腎臓」です。

​以前に案内したNHKスペシャル人体の「“腎臓”が寿命を決める」も見てください。

参考資料を「資料」のページの「資料ファイル」に上げました。

​10月24日(火曜日)締め切りです。

 

(17.10.14)

テストの結果ですが、だいぶ残念な結果になった方が多かったです。

今回のトップ賞は岡田先生です。前回は、和田先生でした。

 

静脈のテストは、横静脈洞、静脈洞交会、直静脈洞が間違っていた人は、低い点数になっています。

静脈のテストがある程度できていた方でも、横隔膜周辺の臓器の関係が間違っていた人は低い点数です。数名の方は、横隔膜の上方(頭側)に肝臓が乗っかっていたので、再度勉強してください。

つきましては、次回再試験を行いますので、下記の方は、横隔膜と静脈洞を勉強しなおしてきてください。

(敬称略)

鹿久保、木村、江口、丸尾、宮田、森澤、川端、上原、新、伊藤、三宅

の方々です。

 

発表でも、もう少しきちんとアウトプットできるように、一人で時間があるときなど、言葉に出して説明する練習もしてください。

 

当協会の内臓治療の目的として、歪んだ内臓を正常な位置にするということがありますよね。

内臓治療でも意識の力も使うといっていますが、ただ「元の位置にもどれー!よくなれー!」と言霊だけを使えばよいのでしょうか?内臓テクニックの手の使い方だけを覚えて、力を入れればよいのでしょうか?

量子(意識力・エネルギー)が物質に働きかけるとき、明確なイメージを持つことで強く現実世界に働きかけます。

 

家を建てるときはどうでしょう?

建てる家の明確なイメージ、材質や構造力学などの知識も必要です。知識とイメージが違えば当然住むに値しない家ができます。万物の基本法則は相似象、すべて一緒です。体を触る、体を立て直す治療家だけが別ということはありません。

 

当協会のテクニックは意識(量子)の力を使います。意識の力を使うのであれば、最低限の機能解剖などの知識は持ちましょう。専科で、「基礎力」をつけてください。触り方だけが基礎ではありませんよ。

 

みなさん、水に情報がのって流れる話は、よくご存じだとおもいます。私が患者なら、自分の水に間違った情報、てきとうな情報、うすっぺらな情報をのせてほしくはありません。

 

物質的な基本事項(解剖や生理など)が脳に入って固定され、それが基礎となり意識力を使い、もっと上のエネルギー、万物に共通の想念のエネルギーとが双輪となり、治癒へ向かうパワーとなります。

一年間はあっという間です。もう2回終わりました。毎日の積み重ねです。来年の8月までに、みんなで進化しましょう!

(17.10.04)

お待たせいたしました。

第3回 キネシオロジーセミナー 東京
の日程が決定いたしましたので取り急ぎご連絡いたします。

全体で募集させていただく前に
専科受講生の先生は先行でお申し込みができます。

日程は下記です。

・12月6日(水)
・1月31日(水)
・2月28日(水)

セミナー時間は12時から17時です。

【セミナー料金】
3日間セットで
129、600円(税込み)

【会場】
有楽町セミナールーム

下記URLより登録フォームに登録いただくと
お申し込みになります。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMXzabGgu

今週中にはメルマガ等で募集を開始いたしますのでお早めにお席の確保を^^

佐野
松尾
吉川

(17.10.02)

10月11日の専科第二回までの課題です。提出は必要ありませんが、しっかり勉強しておいてください。

脳の循環について
内臓の本P101~107と脳せき髄液(ビデオ等参考)
特に静脈洞のあたりは名称と静脈血の流れ方はよく頭に入れておいてください。
次回は静脈洞の手技をやる予定です。

テストも行います。

https://www.pikaq.co/blank-6

(資料)→(資料2)に上げてあります。

​パスワードは、このページのパスワードと同じです。

(17.10.02)

昼休み課題は「頭蓋の体液の流れがなぜ全身の健康に影響を及ぼすのか?」

です。

 

(17.10.01)

問診セミナーについて

本来、問診セミナーは12月6日に行う予定でした

が、数名の方から名古屋のキネシオロジーの1回目がどうしても行けない、なんとかならないか?

というお話をいただきました


色々と予定が変わって申し訳ありませんが、そういうリクエストに、本来は答えなくて良いのでしょうけど、答えた結果、スケジュールが二転三転しています。

申し訳ありません


問診、診断セミナーに関しましては、おって連絡させていただきます。

(17.10.01)

問診セミナー概要

《言葉を用いて検査をすることを中心に行う》

1 細かく聞いていくことで、本人も気づいていない問題を思い出すことがある

2 相手は治療家ではないことを忘れてはいけない。過去の出来事と現在の症状とが関係しているかもしれない

3 現在の問題に対し、本人に深く認識させるということ

4 本人が大きな問題と考えていない症状や、治療で治ると考えていない多くの症状を聞いておくことで、後々にそれらが良くなっていることに気付かせることができる

5 症状を聞いて、治して欲しい順序をつけることで、本人の1番気にしている事を術者は知ることができる(かと言って、患者の言う通りに治療をすると言う訳ではない)

上記は、問診とは患者とのコミュニケーションツールでもあるということであります。

セミナー内容

1 言葉の力について

2 対話

3 口調、言葉の選択

4 視診、観察の仕方→歩行の観察

5 問診 初回、2回目以降の問診法

6 次回来院への考察

などを予定しております。

金額は4万円(税抜)

※キネシ参加者は1万円割引価格予定。

 

(17.09.30)

​1名追加募集です!

​フィールド治療ベーシックセミナーに追加募集です。

​佐野先生にお問い合わせください。

10月30日にフィールド治療ベーシックセミナーを行います。元々はシークレットで沖縄合宿で行う予定だったものです

この手技は協会の内臓クラニアルとは概念が全く別のオリジナル手技です


このセミナーの中で、精神治療も行います。専科でも行いますが、内容は基礎の基礎の基礎です。


トラウマや感情はフィールド上に鬱滞します。その鬱滞トラウマ&感情を治療する手技ですね


これが、本来は精神治療の基礎になります


1DAY20万(税抜き)有楽町セミナールーム


次回以降、開催する場合、1DAY30万(税抜き)で行います。

※キネシ不参加の方も参加できますが、その場合、セルフォー購入必須➕開始15分前に簡単な検査法をお伝えします。

なお、そもそも広めるつもりもない手技なので、キネシのような大人数のセミナーにするつもりはありません。

イントラ除くと10名限定募集でやります。

(17.09.28)

​11月1日は、セミナー終了後、海鮮懇親会を予定しております。また、詳細は追って連絡します。

(17.09.28)

課題は毎回、次週の火曜日提出でsenka@haseschool.jpのメールアドレス、またはFAX(048-866-5581)、またはメールに写メ添付で送ってください。
ファイル添付の場合は、ワード形式でお願いします。

課題は、このホームページ上にパスワードをかけたページに近いうちにアップしていく予定です。

​他の方の回答もみて、勉強してみてください。

 

 

(17.09.27)

12月6日水曜日は、キネシオの東京セミナー第一回目の予定です。

1DAY4万円の消費税です。

12時〜17時を予定しています。

キシ①の後は次月で問診力UPセミナーを予定しておりますので、キネシ②〜の予定はその後になります。

キネシ参加の方、昨日はお疲れ様でした。

精神治療法に関しては、昨日が基礎の基礎、スタートになります

一部の方にはアナウンスしていますが、10月30日にフィールド治療ベーシックセミナーを行います。元々はシークレットで沖縄合宿で行う予定だったものです

この手技は協会の内臓クラニアルとは概念が全く別のオリジナル手技です


このセミナーの中で、精神治療も行います。専科でも行いますが、内容は基礎の基礎の基礎です。


トラウマや感情はフィールド上に鬱滞します。その鬱滞トラウマ&感情を治療する手技ですね


これが、本来は精神治療の基礎になります


1DAY20万(税抜き)有楽町セミナールーム


次回以降、開催する場合、1DAY30万(税抜き)で行います。

※キネシ不参加の方も参加できますが、その場合、セルフォー購入必須➕開始15分前に簡単な検査法をお伝えします。

なお、そもそも広めるつもりもない手技なので、キネシのような大人数のセミナーにするつもりはありません。

イントラ除くと10名限定募集でやります。

※現在、6名決まっています。

(17.09.27)
 


こんばんは。
吉川です。
皆さんに特別セミナー優先受付のご案内です。
......................................................
名古屋募集開始。残席6名です。!!

【キネシオロジー講座の目玉はコレ!
現代人の99%が持っている〇〇問題。】
......................................................


「この治療方法は結果が出る!」

と、治療効果が高いと言わているテクニックが世にはいくつかあります。

しかし、どんな技術を身につけても

・どこで使ったら良いのか?
・どれくらいやっていいのか?
・そもそも治療をやってもいいかどうか?

がわからなければ、結局は適当に臨床をやるしかないですよね。

今日は多くの治療家が悩まれている「検査法」についてお伝えしていきます。

今あなたの持ち合わせのテクニックを適当に使っていれば結果が出る場合もあるかと思います。

事実当協会でお伝えしている内臓・クラニアルテクニックをなんとなくでも
臨床で使って結果が出た人もたくさんいらっしゃいます。

実は私吉川も過去はその一人でありました。

身につけたテクニックだけではやはり限界があります。

周りとは違った結果が出ようにも
その時その時に治療家には悩みがあるものです。

僕も以前は患者を診るにあたりある悩みがありました。

そしてその悩みは「キネシオロジー」での検査法を身につけることによりその大半が消えました。

「キネシオロジー」を身につける前の僕の悩みはこうでした。

・「どの部位を治療したら良いのかわからない」
・「どうしても治療がマニュアルっぽくなってしまう」
・「原因が特定できない」
・「原因が取れているはずなのに体の状態が上がらない」

臨床においてのこれらの悩みに共感する先生はとても多いと思います。


【どの部位を治療したら良いのかわからない】

「え!?」

これって患者さんがもし聞いたらびっくりするでしょうね笑

我々講師に寄せられる多い質問として

「治療部位を特定できない」
「どこをどうやっていいかわからない」

があります。
こう思ってる先生はかなり多くいます。

以前は僕もそう悩んでいた一人でした。

この悩みはかなり長くくすぶっていましたがキネシオロジーで解決しました。

院に来院された患者の症状に対する原因や治療部位の特定ができなければ
原因究明から治療の組み立てまで適当にやらなければなりません。

適当とまで言わずとも硬さ重さROMで検査して診立てる。

最初はそれでも結果が出たりします。

ですがたいてい患者の重症度が上がってくるとそれでは対応できなくなってきます。

足の重さや臓器の重さROMなど駆使して原因を追いますがなかなかうまくいかないことが増えてきます。

試行錯誤しながらもどうやって探せば良いかもわからない。
でもなんとか臨床をこなしてみる。

すると次のことが起こってきます。

【治療がマニュアルっぽくなってしまう】

わからないながらも臨床をこなしていると・・・

なんだか
「これをやっておけばとりあえずいいや」
的な。

7ステップに毛が生えたようなプロトコルみたいなものをやっている人をよく見かけます。

これを読んでドキっとした人もいるのでは?

もちろんそれを否定するわけではないです。
なぜならその技術で救われる人もいるからです。

でもそれで満足がいかない先生は次のことに気づきまた悩みます・・・

【やっぱり原因が特定できない】

客観的な検査技術がないと原因の特定、さらに自信を持つことはできません。

僕は内臓、クラニアル、筋骨格、エネルギーを臨床で使っています。

でもはっきり言って治療テクニックはなんでも良いと思っています。
治ればなんでも良い。

なんでもいいというのは少し語弊がありますが
治療技術を最大限に生かすためにも検査法がとても重要です。

【「検査8割 治療2割」】

という言葉がありますが
キネシオロジーという検査法に出会ってから
僕はその意味合いを実感しています。

もちろん効果が高く患者の負担が少ない治療技術は追求するべきだと思います。

でもその身に付けた素晴らしい治療技術。
どうやって使いこなしますか?

「適材適所」

適した場所に
然るべきテクニックを
ベストなタイミングで施す。

そしてなるべく最小限の刺激で終われるほど
患者の負担も少なく、治療は素晴らしいものになります。

そのためには原因の特定や正確な検査技術が必須になります。

【原因が取れているはずなのに体の状態が上がらない】

ある部位が原因だと思って何回か治療を続けていた。

実は隠れた根本原因があって原因だと思っていたものは症状に過ぎなかった。

そこでずっと症状を追っていたことに気づくわけです。

ある日キネシオロジーの検査でいつもの治療部位とは全く違うところに反応が。

そこにアプローチするとあっさり治ってしまった・・・


カイロプラクティックでは根本的な問題のことを
「サブラクゼーション」
と言います。

それにまつわる諸問題は
「フィクセーション」

たとえばサブラクゼーションである1つの椎骨をアジャスト。
するとすっかり痛みが消えた!症状が改善し更に体の状態を上げる。

これはカイロプラクティックでの治療の醍醐味です。

ですが皆触診の時点でフィクセーションに騙されます。
フィクセーションをサブラクゼーションと勘違いしてしまう。

根本原因や深い問題というものは
“隠されていること”
の方が多いのです。

キネシオロジーでの検査は隠された問題も浮き彫りにできます。

隠された根本原因をほじくり出す。明確に。そして治療する。

すると長期間悩んでいたことがあっけなく解決してしまうことも多々。

僕は
「本来の治療とはこういうことなんだろうな。」
と思えるようになりました。

あなたも“ゴットハンド”と呼ばれるような先生の治療を見たことはあるかと思います。

その先生の治療を見ていると
「え?何でそこやるの?」
ってところをアプローチしたり、どうやってそれを導き出したの?と思われた経験されたことがあるのではないでしょうか?

そうなんです。
その先生も実はコッソリとキネシオロジー使っていたかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・
【名古屋でもやります。】

先月末に大阪校でキネシオロジーセミナー(3日間)が始まりました。

ありがたいことに大阪校会場は満員御礼。

エキストラベットも2台出動しています。

大阪開催では募集段階で皆さんの反応がとても早くすぐに満席に。
それだけ「検査」に飢えている人がたくさんいるんだな。
と感じました。

治療部位、根本原因、サブラクゼーションがわからない、探れなくて悩んでいる方々です。

でもここで躓き悩まれる人というのは
臨床に真剣に取り組み患者と向き合っているからだと思います。

明確に根本原因や治療部位の特定ができる検査ツールはとても重宝するし武器になります。

大阪開催での1日目を終えた段階で受講された先生のご感想のお声をたくさんいただきましたので一部以下にご紹介いたします。
・・・・・・・・・・・・・

【鬼頭先生 岐阜県 エステ、整体】
キネシオセミナーを受講しようと思ったきっかけは、
自分自身が吉川先生の治療を受けてキネシオで炙り出された「トラウマ」や「感情」問題を治療して頂いた事で体調面や、手に出ていたアトピーとも違う湿疹がみるみるうちに良くなった事がありキネシオでの検査は凄いと思い受講しました。

キネシオロジーの凄いところは
治療をする上で1番知りたい事、
それは何処にどんな問題があるか?
それを検査で知り得ることが出来るのです。

先生達が作って下さったフォームがとても解りやすく、しかも細かいところまで問題となる治療箇所や問題が導き出せるように作られているので、自分の感覚を頑張って磨いていけば結果がついてくると思います。

キネシオを習ってから訓練の為臨床も使ってます。
先日、治療してても胸のつかえが中々取れなかった患者さんからトラウマが出たので治療しました。
治療直後から呼吸が楽になったと言われました。

キネシオで検査する事で、何年前に受けたどんな感情がその人に影響しているのかが検査で出せます。

患者さんに不思議がられ「えっ?何でわかるの?」とか聞かれますが、特別な能力がある訳ではなく、ただ検査で突き詰めただけです。

キネシオでの検査は患者さんの信頼も得られる素晴らしい方法だと思います。

まだまだ訓練中ですが、原因が導き出せる事により治療効果は上がると思います。

先生方の講義がとてもわかりやすく、様々なツールを使用して教えて下さるので、キネシオの知識が殆どない私でもそれなりにですが、臨床で使えています。

とても価値ある講習です。
迷っている方は出られる事をお勧めします。

【山本先生 愛知県 整骨院】
「改めて分かった検査の重要性」

日々治療をしていくなかで、ある日訪れる壁

その壁とは

なかなか改善に導けない患者と会ったとき。

日々悩んで

「もっと根本原因を調べる・わかることができないだろうか?」

と思っていた時に案内が来たのが
「キネシオロジーセミナー」の案内でした。

受講を決めていざ学んでみると
検査の項目が凄い細分化されていることに驚かされました。

検査のセミナーなのでしっかり調べることが大事なのですが
まさかこれほど細分化されているとは思ってなかったです。

またちょっとしたことで
人のカラダは悪くなるなどの変化が出ることもわかり
根本問題をしっかり探すことの大切さを知りました。

でも言い返せば

それだけ根本原因や問題が細かくなっていて
それらをしっかり取り除いていかないと
治療にならないと実感した瞬間でもありました。

そしてセミナーで習ったことを持ち帰り使ってみたところ
自分でも想像できないことが結果として出てきました。

半年前から腹部の調子が不安定で下痢を繰り返す高校生
治療していく中で調子は良くなるのは実感していたが
学校に行くと、どうしても腹部の調子が悪くなる。

という悩みを持っていたこの患者様の原因を
キネシオロジーで調べたところ
出てきた結果は

「チャクラ」でした

なんでチャクラ?
と検査した時には思いましたが
原因がわかったのでとりあえず治療。
その結果、治療後には
「体がいつもと全く違う。凄い軽さが実感できる」と感想をもらえました。

次回の来院時に経過を聞くと

「あれから学校に行ってもほとんどトイレに行かずにすんだ」
と。

またキネシオロジーでしっかり調べることで
その人が抱える根本原因を出すことができるので
必然的に治療も効果が上がってくるので
とても喜ばれます。

そして臨床が楽しくて仕方ないです。

この「キネシオロジーセミナー」は
確実にあなたの検査の武器が増えるとともに
問題が細分化されているこの時代に
お役にたてることをお約束します。

【山本先生 東京 整体院】

こんにちは。
手のアトピーで来院された方のシェアをしたいと思います。

皮膚科にいっても原因がわからず、薬をもらっても何も変化です紹介で来院されました。

最初ジュクジュクしていて汁もかなり出ていました。
仕事にも影響が出る感じです。

今までは感覚で治療していたしたが、最近はキネシオも使いながら治療しています。
何故かと言うと
原因が特定できるのと結果が出るからです!
より治療効果が上がりました。

この方は原因はウイルス感染でしたが精神問題も絡んでいました。細かく調べるといろいろありましたがここでは簡潔に書きます。

またウイルス感染などもどこにあるかなど正確にキネシオで見つけることができ感染原因なども治療することができ、治療後からかなり回復していきました。

ただ最後の部分で皮膚の回復が遅く探っていった所、キネシオで睡眠不足と出ました。
睡眠時間を7時間頑張って確保してもらった結果、

一気に回復していきました。
これはキネシオでないとわからなかったと思います。

キネシオを知れて治療の幅というか結果がかなり変わりました。
原因を特定して治療できるのは本当に大切です。

皆さんも是非この機会に受けて見ることをおススメします。


【和田先生 静岡県 整骨院】
臨床において確実な検査をして、ポイントを確定、確信を持って治療ができれば、治療は最高に楽しいものになります。

自分はまだまだですが、キネシオを教わってからこんな事がありました。

中学3年女子、腰痛がありつつもバレーボールの全国大会に出場。大会後ヘルニアと診断される。薬局でシビレを緩和する漢方を処方。

主訴は腰痛と左下肢のシビレ)。

座位がツライ為、仰臥位で検査開始。
右下肢重い。
骨盤部左側の後傾、左重い。
腎臓右重い。
肝臓若干重い。
第1頭位
体を真っ直ぐにした時に、自分で真っ直ぐか把握できない。

先ず治療の組み立てを考えました。
が、

キネシオで探り
クラニアル(側頭→SBS→後頭)
肝臓(カルマ)
左卵巣(憑依)

と出たので
キネシオの結果通りに治療。
必要な所はキネシオで時間も聞いて治療。

結果。
座位、立位時共かなり楽になり、ペインスケールで(10→3)

今までの治療ではここまでの結果は当然出ないと思うので、心でガッツポーズ!

お母様も、『姿勢が良くなった』『治療前よりズボンのモモ周りがブガブカになった』と。

さらに『左卵巣が原因です』と伝えた所、
『医者に悪性ではないが左卵巣にこの子の年代では珍しい何かがあると言われた』との事。

お母様の心を鷲掴みにした僕は『今までご心配でしたね』といいながら次回予約を入れつつ、
心の中は完全にドヤ顔
(`・ω・´)

こういう時、治療家やっていて最高に楽しく感じる時の一つです。

当然まだまだな自分ですが、キネシオを継続して検査の精度が上がれば、不必要な治療やヤリ過ぎを防ぐ事が出来、なおかつ治療結果も間違いなく上がると思います。

追伸
治療ポイントの特定や生活指導も確実性を持って行いやすくなりました。
(治療ポイントが判るのと、治療ポイントにコンタクト出来ているかは別問題ですが)

自分もそうですが、今まで『なんとなくキネシオっぽい』事をやっていても細かい部分や注意点を知らない人が多かったんじゃないかと感じました。

設定の仕方、検査結果が逆転した時の対応策など、知らなければ検査を行なっても結果が変わってしまう可能性があるので、一から丁寧に教えていただいたので良かったです。

また、本来ならいただけない様な検査リストいただけた事と、
検査時の注意点を講師陣に丁寧に教えていただけるおかげで、わかり易いセミナーでした。
2回目、3回目も楽しみです。
よろしくお願いします。

【S先生 東京 整骨院】

キネシオセミナーをうけまして

今まで、触診、問診、視診等をつかって、治療方針を考えてきたのですが、キネシオを使ってから考えられない原因が分かるようになりました。
例えば、全身が痛い患者さん、精神的な物から来ている痛みだなと、わかっていてもその後、自信を持った治療はできませんでした。

キネシオを使うと、細かい所まで、教えてくれるので、トラウマだったら、何個、いつ等を教えてくれるので、自信を持って治療ができます。

キネシオを使うようになってから、沢山の、精神疾患の患者さんが改善する事ができました。

例えば、17年間薬を使わないと頭痛が取れなかった患者さんが、トラウマをとったら、その場から頭痛が消え、体が軽くなりました。

キネシオが無かったら、絶対に出来ない事でした。

本当にキネシオセミナーに出てよかったです。
治せる治療ができてきて、どんどん楽しくなってます。
インストラクターの皆様ありがとうございます。


【岡田先生 栃木県 整骨院】
受講して間もないのでなかなかまだうまくできませんが、臨床報告をさせていただきます。

女性の方で、不眠、下痢、腰痛、下肢の灼熱痛&冷感の主訴で病院で治療しても良くならなかった方。

キネシオを使って検査して治療部位治療したら、2回しか治療していませんが劇的に良くなりました。

治療部位はキネシオで検査前の診たてと全然違う場所でした。
まだ完治という結果にはいきませんが、2回目、3回目の受講でさらに結果が出るようにしていきます。

・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしょうか?

このいただいたご感想はキネシオロジー講座1日目が終わったところでの臨床報告です。

でもはっきり言ってキネシオロジー講座の本番は2日目と3日目。

2日目・3日目の「目玉」は・・・

電磁波と精神治療です。

これはものすごい情報ですのでご期待ください^^

少し言っちゃいますが誰でもできる結果が出るエネルギー治療も盛り込んでいます。

【現代人のほぼ99%】

当然僕の院の患者さんを診ていても
「電磁波」と「精神」の問題はまずもって“罹患”しています。
合わせて99%といっても過言ではないと思います。

感情、トラウマ・・・

特に精神問題はほぼ全員に該当する問題であり
頭痛やぎっくり腰からアトピー、ガンや難病は該当することは間違いないです。

この問題をキネシオロジーの検査と治療で改善できるようになるとかなり多くの人を救えるようになります。

僕から言わせると
「これを解除する方法を出しちゃって良いの、Qちゃん!?」
って感じです笑

・・・・・・・・・・・・・・

再現性があり明確な検査技術の習得は必須です。

検査で明確に治療ポイントや原因を特定がすることができれば
臨床でも自信がつき迷いがなくなります。
自ずと結果が出るでしょう。

このキネシオロジーでの検査のやり方や
膨大な検査リストをお伝えする
「キネシオロジーセミナー(全3回)」
を現在大阪で開催中です。

明日26日に2回目ですが
大阪の募集の時はすぐに満席になってしまいました。

募集を締め切ったあとにも

「次はいつ?」
「名古屋でも早くやって!」

と問い合わせを多数いただきまして
急遽名古屋でも開催することとなりました。

現在大阪で開催しているキネシオセミナーに参加したかったけど
気が付いたら満席になっていた。
日程がどうしても合わず泣く泣く見送った。
という方はこのチャンスを見逃さないでください!

今回のキネシオロジーセミナーでは

1・根本原因、治療箇所を特定でき再現性のある検査法を学べる。
2・精神問題を明確にして対応、治療ができるようになる。
3・電磁波や化学物質に対して対応、治療ができるようになる。
4・遠隔治療ができるようになる。

臨床でかなりの武器になるキネシオロジー。
原因を探るだけでなく患者さんの信頼も得ることができます。

「根本原因を探る検査方法を知りたい」
「治療する部位を特定したい」
「精神、電磁波、化学物質の問題を持っている人を救いたい」

と思っている方。
会場の名古屋校は席数が少ないため
受講ご希望の方はお早めにお席を確保してください!

※今回このラインでの募集は事前募集です。来週には和整体学院の本部メルマガで募集しますのでおそらく一瞬で満席になります。

以下ご案内です。

「キネシオロジーセミナー 名古屋校」

【講師】
佐野Q
松尾
吉川

【会場】
和整体学院 名古屋校

名駅錦ビル https://maps.apple.com/?address=%E3%80%92450-0002,%20%E6%84%9B%E7%9F%A5%E7%9C%8C%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E5%B8%82%E4%B8%AD%E6%9D%91%E5%8C%BA,%20%E5%90%8D%E9%A7%853%E4%B8%81%E7%9B%AE20%E7%95%AA20%E5%8F%B7&ll=35.172784,136.889184&q=%E5%90%8D%E9%A7%853%E4%B8%81%E7%9B%AE20%E7%95%AA20%E5%8F%B7&t=m


【日時】
11月23日(木曜日)
12月21日(木曜日)
 1月17日(水曜日)

12時〜17時まで 3日間共通

【定員】
22名
現在あと6名です。お早めに。

【セミナー料金】

3日間セットで
129、600円(税込み)
お申し込みは下記フォームより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMAkylTdEv

​(17.09.25)

日時  8月21日15時〜


内容  専科開始前無料プレセミナー

セブンステップについて

課題発表あり

心と身体の関わりについて 

発表時間:3分


カンペなし。

(追加)

21日は1時からセミナールームは空いています

お時間のある方は1時からいらして下さい。

DVDを観られる環境を作ったので、DVDは各自で観て頂き、21日は13時にいらっしゃれる方から現在の手技、手の状態、課題発表をチェックさせて下さい。もちろん、ゼロからの方もいらして頂いて、発表➕どんどん練習して行きましょう。よろしくお願い致します

13時からのチェックを受けるという方、いらっしゃいますか?いらっしゃれる方はご連絡ください。

いらして頂いた順にペアになって頂き、チェックして行き、6人集まったところで課題の発表をして頂きます。

よろしくお願いいたします。(2017.8.8)

© 2023 by Talking Business.  Proudly created with Wix.com

  • Grey Google+ Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey LinkedIn Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Google+ Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook Social Icon